2018年2月 2日 (金)

マイナス23℃

 今週は朝の気温がマイナス20℃超え。北海道冬本番ですね。
それでも子どもたちは雪遊びが大好きです。顔に雪がかかって
も、多少足が冷たくても。
 でも大人はそこに寒くはないか?かぜをひかないか?靴下を
もう一枚増やすか?と遊びを中断したり、子どもに雪、冬のマイ
ナス的な感じを与えてしまったりします。
 大人は何度か繰り返す、季節の中。そして遊んでばかりはい
られず、除雪や寒さ対策の大変さを熟知しているので、どうして
も冬に対して消極的です。子ども達にはまっさらな感覚で、冬を
十分に楽しんでほしいと思います。また、私たち大人も冬の良
い所を見つけながら、マイナス23℃というめったにない体験を
貴重に感じていきましょう。

2017年12月26日 (火)

 満3歳のA君が年長のお姉さんたちにかわいがられているのを見て
年長のB君が「おれもかわいがられたいな」と一言。確かにB君はい
たずらや、ちょっとわがままを通して叱られるのが多いかもしれない。
でも、感じ方もちょっとネガティブの傾向が・・・「B君のこと、どうでも
いいと思ったらだれも叱らないよ。B君の事大好きだからちゃんと叱
ってくれるし、先生たちもお父さんもお母さんも大好きなんだよ」と
言うと納得してくれました。
 同じようにかわいがっても十分届く子。どんなにかわいがっても足
りないと思う子。それぞれです。きっと日本人には苦手ですが、折り
にふれて「大好きだよ」「大切だよ」ということを言葉と態度で示して
いかなければならないところでもあるんですよね。
 また、その子も我慢をするのではなく、言葉にして伝えてくれたこ
とはとてもよかったと感じました。十分かわいがっているつもりが届
いていないのだとしたら、それも悲しいことです。お互いが十分にそ
の気持ちを伝えられることはとても幸せですね。

 この一年様々な方々に愛されお世話になりましたことを感謝します。
また、気づかないところで多くの方がtに迷惑をかけ、傷つけたのだ
ろうと思い、申し訳なく思っています。ごめんなさい。

皆様にとってよき年がきますようにお祈りしています。感謝をこめて。
また来年。
 

2017年12月22日 (金)

冬休み

「私、冬休み大っ嫌い!」「明日から冬休み嫌だ!」
子どもたちの素直な言葉です。園が楽しくって良かった。休み中
ご家族との貴重な時間を過ごしてください。今、この年齢でしか
体験できない事。この時期にしっかりと家族に甘えること。大事
です。
 2学期も大きなけがや事故もなく無事に過ごせたことが何よりの
感謝です。普段の当たり前は普通の事ではなく、無事に過ごせる
ことは何にも代えがたい幸せであること。いつものように朝がきて
いつものように夜になる。今のこの平和が守られるように!そして
そのことに気づいて感謝できるように!
 4月には言葉が出ていなかった満3歳の子も一生懸命楽しかった
ことを私に自分のもっている言葉を駆使して伝えてくれます。自分
から気づいてお手伝いをしてくれたり。お誕生会の手作りおやつの
御礼をわざわざ職員室まで言いに来てくれたり。それぞれが周り
の友達や家族とのかかわりの中でそのコミュニケーションを豊か
にしています。人として生まれてきた喜びの一つは共感できる事。
友達と共に笑って、喜んで、悔しがって…子どもたちが一人ひとり
確かに成長していることが伝わり、感謝です。
 この年の皆様のご協力とご配慮に心より感謝します。ありがとう
ございました。良いクリスマス、良いお年をお迎えください。
                         
                          高橋 美千代

2017年12月 5日 (火)

絵本読んであげる

1512450127074.jpg 年長さんが小さいお友達に絵本を読んであげています。朝陽がさすホールの片隅の暖かな空間。その様子を見ているだけで幸せな気持ちになりました。

絵本

 絵本は子どもたちが字を読めるようになったら自分で読ませるように
しますが、絵本は読み聞かせるもの。読んでもらうものです。
 朝、泣きながら登園してきた子に、その子の好きな絵本を読みました。
1回目。2回目と読んでいくと自分の好きなところにくるとふっと泣きやみ
ます。3回目になると、すっかり機嫌もなおり、遊び始めました。私たちも
そうですが、落ち込んだり元気がない時に、物語や、好きな歌などの
自分の好きな、元気をもらえる場面や言葉などに力をもらい、気持ちを
立て直す時があります。
 絵本は心に元気を与える力があります。また、読んでくれた人のぬく
もりや声の暖かさ。その時の空気感まで思いだし、自分が愛されている
こと、大切にされていることを心と体で思いだします。
 そしてその経験を今度は小さい友達に伝えていきます。たどたどしい
読み方ですが、小さい子たちは黙って聞いています。そんな関係と時間
と空間を守っていくことの大切さを日々思わせられます。

2017年11月20日 (月)

無題

今日は星槎道都大学のお兄さんお姉さんが来てくれて夢のなる木を一緒に作りました。魚博士になりたい❗セイラームーンになる❗サッカー選手になりたい❗色々な夢を描きました。
1511173257001.jpg

2017年11月16日 (木)

朝のかおり

 Aちゃん「おはよう!今日も宇宙に行こう」
 Bちゃん「うん!行く!行く!」
 宇宙に行く遊びって何をするのか聞いてみると「鉄棒で逆さまになるやつ!
 全部さかさまに見えて面白いよ!」

 Cちゃん「今日、パン食べて来たんだよ」「おいしかった?」「うん!あ?サンド
       イッチもパンだよね?」「そうだよ」
 お母さんの作ってくれたサンドイッチがおいしかったこと、ちゃんとお母さんが
 朝ごはんを用意してくれることの幸せを感じました。

 D君「今日ね、帰ったら新しいリュック買ってもらうの!」とっても嬉しい報告

 E君「縄跳び壊れちゃった」「大丈夫。直しておくね」とボンドを取りに教材室へ。
 
 こうしていつもの朝が始まっていきます。それぞれの子どもたちとの様々な会話。
 その一人ひとりの成長や今日の健康状態。情緒を感じとりながら・・・
 今日も一日平和に守られますようにと祈らずにはいられません。幼子たちの世
 界が日々守られていることに心から感謝します。

                                       高橋 美千代

2017年11月 2日 (木)

新体操部?

 朝の登園時、おうちで作ってきた新体操の競技用のリボン、トイレットペーパー
の芯にスズランテープをつけて楽しそうに踊っていました。私も!作る!とちらし
を細くくるくる巻いてスティックを作りその先にリボンをつけて出来上がり。子ども
達のところにもっていくと、次から次と注文が来て。「作ってみよう」と子どもたちの
中へ渡しました。そのあと、もも組さんのお友達が新体操で盛り上がり、元気に
ステージで発表?していました。子供のかわいさ、元気さ、行動力をさらに豊か
に育てていきたいと思います。

2017年10月27日 (金)

収穫感謝会

 今日は収穫感謝の会がありました。日ごろから様々なものが豊かに与えられて
いることに感謝しました。
 ご家庭からジャガイモ、人参、玉ねぎなどカレーの材料と果物のご協力をいただき
ました。とてもたくさんの野菜も果物も集まり本当に感謝な時でした。また、ユニセフ
の方々にも来ていただき、世界の中では5秒に一人の幼い子が飢餓でなくなってい
ることや衛生状態が悪く、病になる子。そして日本の一週間分の食事と飢餓で苦し
んでいる国の食料の差を見せていただき、日本の私たちはなんと豊かの中にいる
のかと、思わされました。パワーポイントを見たあと、親子で感想を話し合いました。
「かわいそうだと思った」など、子どもたちも小さな心で感じたことを表現していました。
そして今ここにいる園児たちの中からこのような問題に取り組む子たちが起こされる
ようにと願います。私たちにもできることはまだまだあるはずです。もっともっと考え、
具体化できることを実行していきたいと思います。

2017年10月25日 (水)

中学生との交流

 23日に緑陽中学の3年生47名が訪問してくれて、子どもたちと遊んでくれました。
中学校の家庭科の授業ですが、中学生、園児双方がとてもとても楽しんでいました。
昔は近所の地域で十分に縦のつながりを経験できましたが、今は様々な機関や
組織で計画しなければできなくなってきているのはさびしい限りです。また、園児に
とっても、中学生にとっても貴重な成長の機会です。
 園児は大きいお兄さんお姉さんたちに甘えながらもその遊びのリードについていき、
中学生は幼い子たちとのかかわりにはじめは戸惑いながらも、徐々に慣れていき、
どんどん遊びこんでいきました。お互いにとても良い経験になったと思います。
緑陽中学の皆さん、教諭の方々、ありがとうございました。

                                       高橋 美千代

«ごっこ遊びから