« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月22日 (金)

ブロック遊び

 5歳のA君は1番バスで到着し、大好きなブロックで遊び始めました。
まだ子どもたちがそろっていないので、たくさんのブロックを使っています。
そこへ4歳のB君たちが来てそのブロックを貸してと言いますが、貸してあ
げません。何日か続いた中で、「A君、小さい子たちもこのブロック使いた
いんだよ。貸してあげられるとみんなも楽しんで遊べるんだけどなあ」と言
ってそこを離れ、少したって行ってみるとA君は全部のブロックを他の子に
貸していました。そのことを「すごいねー。A君!さすが!お兄さんだね!」
と褒めると、ブロックを全部化してしまってちょっと後悔していたA君の心は
褒められたことの方が嬉しくて、次の遊びの中でどんどんお友達と積極的
に遊びを展開していました。
 友達の分まで使って自分の好きなように遊んでいるときよりも、少し我慢
ができたこと、認められたことが自信となっていったのだと思います。全て
がそろって自分の好きなようにできるより、不足の中で、我慢すること、相
手を思いやることを学び、大人になっていくことの方が、嬉しいものである
こと。A君は今日大切なことを得ることが出来ました。
                                  高橋 美千代

2018年6月15日 (金)

少年犯罪

 毎日のように残虐な犯罪が報道されています。インターネットで知り合った者たち
が殺人や自殺を計画したり。殺人などの凶悪犯罪が低年齢化してきています。その
犯罪を防ぐために極刑や刑罰を重くすることを望む声も大きく取り上げられています。
犯罪に対しての刑罰は必要です。でも、できれば犯罪者にならない育て方、教育を
切に願い研究したいと考えます。犯罪者たちを調べていると、ほとんどの方々に「愛
着障がい」が見られるとあります。愛着障がいとは母親をはじめとする養育者に愛情
深い関係が何らかの理由(虐待、死別等)で形成されず、情緒や対人関係に問題があ
ることです。家族の中で普通に育つことが困難な時代になってきたのでしょうか?今目
の前にいる子どもたち、家族と優しく労りあい、時にはけんかやもめごとがありながら
も、共に暮らしていく。その普通の生活が当たり前ではない幸せと感じること?愛は教
育しないと育たないとある大学教授がお話ししていました。愛の教育はまず、家庭の中
にあります。いつくしんで子どもたちを育てていくこと。この当たり前のことが守られてい
くことを願い、また、お手伝いしたいと切望しています。

                                   高橋 美千代

2018年6月14日 (木)

1人ひとりの子どもたち

 「Aちゃんもこっちに来て遊ぼう」
 「今絵本読んでる!」
 Bちゃんが一人でいるAちゃんを気遣い、声をかけていました。Aちゃんは
眼にいっぱい涙をためて、Bちゃんの方も見ず、絵本を見ています。きっと
Aちゃん、Bちゃんを含めた数人の女の子の中で何かあったようでした。
 BちゃんにはA ちゃんは今絵本を見たいから大丈夫だよ。誘ってくれて
ありがとうと伝え、遊びに戻りように勧めました。Aちゃんの隣に座り、顔を
覗き込むと、絵本の中のお話をしてくれました。涙は少し消えていました。
そして、誰かに何かされた、何か言われたと訴えることなく、いつものA
ちゃんに戻っていきました。子どもたちの世界はそれぞれがまだまだ未熟
です。3歳くらいの頃は周りの大人に助けを求めることで解決しましたが、
4歳、5歳にもなると、友達との関わりの中で、お互いの言い分があり、ある
程度、わがままや、我慢する必要を覚えていく中、自分たちで納めていける
ようになります。
 一人ひとりの子どもたちの心の動き、成長に寄り添い、見守っていきたい
と考えています。
                                高橋 美千代

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »