« 灰色からの手紙 | トップページ | ご無沙汰しました »

2019年2月21日 (木)

春になる

 学生時代に下宿生活をしている私の友達をよく招いて母はご飯をごちそうしてい
ました。友達が「働くようになったら何かお返ししたいです」と心から感謝の思いを
伝えてくれました。でも母の口から出た言葉は「お返しはあなたのそばにいる人た
ちで困っている人にしてあげれることをしてあげて。」というものでした。
 それを話すとわかってくれる方々もいます。日本人の根底にある考え方なのでし
ょうか?でも、今は出したお金の分はいただく。それ以上のサービスを期待する。
労力に見合ったものを要求する傾向にあるなあとさみしい感じます。
 目の前の方を助けてあげたお返しは無償でいい。助けられた思いをほかの方々
へつなげていくこと。日本人の考え方の良い所として伝えていきたいと思います。

« 灰色からの手紙 | トップページ | ご無沙汰しました »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春になる:

« 灰色からの手紙 | トップページ | ご無沙汰しました »