« オータムコンサート | トップページ | 忘れ物 »

2019年10月 3日 (木)

先生、あのね

 「せんせい、あのね、この靴下おかあさんに買ってもらったの。」
 「せんせい、あのね、今日ばあばとプール行くの。お兄ちゃんとおねえちゃんも。」
 「せんせい、あのね、これ虫なの。でね、魚になっちゃうんだよ。そしてね」
 満3歳の子との会話です。向き合ってゆっくりじっくりきいていると、延々続きます。お話はとりとめもなく、本当の出来事とそうでないものとが混ぜ混ぜになっていますが、楽しそうにたくさん話してくれました。
 聞きながら、この時期の子たちはこうして自分の話を聞いてもらいながら、自分の存在を確かめているんだなあと感じました。この子にとってこの記憶はきっとひとかけらも残らず消えてしまいます。でも、受け止めてもらったことは魂、情緒が受け止めます。乳幼児期の大切なところはここだと思います。何気ないまいにちですが、その中で普通の事。朝起きてごはんがあって、洗濯されたものを着て、遊び、1日を過ごす。周りに自分をまもり、育んでくれる方々がいてくれる。その日々の中で健全に心身は成長していきます。その積み重ねを通してお子さんたちは自分が保護者の方々に愛され、存在していていい、大切な者だと自己肯定していきます。今の、今しかない乳幼児期をできるだけゆっくり向き合う時間をとり、楽しんでください。私たちも微力ですがお手伝いさせていただきます。

« オータムコンサート | トップページ | 忘れ物 »